ヘアカラー人気ナビ - 色見本・口コミ等で選ぶコツとは?

 

あなたは、ヘアカラーの染料剤選びに悩んでいませんか?若者はオシャレの一つとして、年齢を重ねると白髪染めとして髪の毛を染める方が多いですが、このとき一番大切なのが自分に合った色を選ぶことですね。パッケージや色見本を見て選んだのに色見本通りにならなかったり、染め終わってみたら合わなかったという経験があるのではないでしょうか。

 

また、30代以降の方については、白髪が増えてくる年代なので、黒髪用と白髪用どちらが良いのか悩むと思います。その上、商品の種類も年々増えていて、商品選びも迷ってしまいますよね。そこで、こちらではそんな方のために色選びの方法から、人気の商品まで幅広くご紹介しているので参考にしてみて下さい。あなたに似合うがきっと見つかりますよ。

 

さて、そもそもヘアカラーは染まり具合によって色々な種類があります。一時的に染める物や、染めた時点から少しずつ落ちていく物、そして完全に染まる物などがあります。それにプラスして、茶色や黒などの様々な明るさの染料剤があるし、レディース用やメンズ用、白髪用などもあります。液体タイプやクリームタイプ、最近では泡タイプがあったりなど、本当に沢山の種類の商品が販売されていますね。

 

そんな中ヘアカラーを選ぶコツとしては、まずは染まり具合で選んでみましょう。ほとんどの方は完全に染まるものを選ぶでしょうか。お次は、自分がなりたい色で選びます。ほとんどの製品のパッケージには色見本が掲載されているので、チェックしてみて下さい。ただし、この色見本には注意が必要ですよ。

 

製品のパッケージやサンプルの髪で表現された色見本は、標準的な髪質に染めた時のものだという事です。よって、例えば髪質が硬かったり柔らかかったりするようであれば、色見本通りに染まらないという事になります。一般的に言われているのは、質が硬い人は染まりにくく、柔らかい人は染まりやすいようです。なので、色見本通りに染めたいというのであれば、それらを考慮して置き時間を調節すると良いですね。

 

メンズ用のヘアカラーについても注意が必要です。男性には髪質が硬い人が多いために、女性用とメンズ用を比べると若干、メンズ用の方が成分がきついようなんです。そのため、髪質の柔らかい男性がメンズ用を使用すると毛髪等を傷めてしまうことがあるので、メンズ用の使用には十分気を付けて下さい。この場合は、好みの色味があるのであれば、メンズ用ではなく女性用を選ぶと良いですよ。

 

その他、最近では簡単さや手軽さを求めている方が多く、泡タイプの製品に人気が集まっています。それは、液体タイプに多い液だれが全く無いことや、部分染めや生え際を染める際に役立つことから口コミで人気のようですね。また、シャンプー後にトリートメント感覚で染められる物も口コミ人気となっているので、そういう口コミランキングで人気の物を選ぶというのもお勧めです。あなたも一度試してみてはいかがでしょうか。それではごゆっくりご覧下さいませ…

 

原理について


普段何気なく使っているヘアカラーですが、どのような原理だと思いますか?

 

まず、一般的に使われている市販の染色剤や、美容室で使われている有名な染色剤というのは、2種類の液体から出来ています。

違う場合もありますが、ほとんどが2種類の液体から成り立っています。

 

市販品を自分で使用したことがある人なら知っていると思いますが、染色剤を絵具みたいなチューブに白い液と混ぜて作っていきますよね。

 

最初のチューブのようなものは酸化染料でアルカリ剤と呼ばれ、色の素になっているものです。

 

次に白い液の方は過酸化水素が原料で、オキシドールになります。

 

これには毛髪を脱色する働きがありますね。

 

この2種類の液体を使うことで染色剤は成り立っています。

 

白い液が脱色をして、そこにチューブ状の液で色をつけるといった感じですね。

 

ただし、染髪は温度や時間、髪の毛の質によって染まり具合が違ってきます。

 

温度が10度高ければ2倍の力があると言われているので、30分で染まるのが基準だった場合、そこから10度上がれば15分で染まるというわけです。

 

時間は大体自然放置で30分もすれば染まります。

 

髪の毛の質によっても違いますが、太ければ染まりにくく、細ければ染まりやすいというようになっています。

 

これがヘアカラーの原理ですね。

 

このような原理を知っておくと、安心して染められるような気がしますよね。

 

何も知らずに染めているよりは、これらの知識を知っていた方が良いと思いますよ。

 

種類について


ヘアカラーには色々と種類があります。

 

色々な種類があるために、自分で染める時も美容室で染める時にもこちらを参考にしてみるといいかもしれませんね。

 


まず一つ目は、一時的なヘアカラーです。

 

これは一時的に染料を使って染めるもので、毛髪の表面に付着させるものです。

 

一時的に明るい髪を黒くしたり、ファッションに合わせて染めたい時に便利ですね。

 

ちなみに、シャンプーをすれば取れるような手軽なものです。

 

次に、少しずつ落ちていくヘアカラーがあります。

 

これは酸性染料と呼ばれているもので、ヘアマニキュアやカラーリンス、カラートリートメントがこれにあたります。

 

一般的に私たちがよく使うのはこの製品ではないでしょうか。

 

表面だけでなく内部にも少しずつ浸透していきますが、シャンプーをすると少しずつ色が落ちるタイプです。

 

そして、次に完全に染まるタイプがあります。

 

これは、完全に染まる一般的なヘアカラーや市販のヘアカラー、へナなどが有名ですね。

 

長期的に染毛の効果は続く上に、明るさも色も自由に選ぶことが出来るもので、一番楽しめる製品かもしれませんね。

 

このように、ヘアカラーと一言で言っても色々と種類があるので、自分の目的や希望に合わせてヘアカラーの種類を選んでいくと良いですね。

 

ただし、種類は沢山ありますが、髪の毛によっては合わない体質の人もいるかもしれないので、必ず自分で染める前にはパッチテストなどを行なって、大丈夫かどうかを確かめておく事をお勧めします。