フラット35審査落ちた理由?借り換えの条件とは?

フラット35の借り換え融資ではフラット35sは利用できません。
年収に対する総返済額(フラット35を含む)の割合が、年収400万円以下の場合は30%以下、400万円以上の場合は35%以下に適合することが挙げられます。
資金使途は本人が所有し、本人または親族が居住するための住宅の建設または購入のための住宅ローンであることです。
借り換えの対象となる住宅の要件は、8,000万円以下であること、住宅の購入価格または建築費の100%以内であること、住宅の床面積が戸建て住宅の場合は70㎡以上、マンションなどの共同住宅の場合は30㎡以上、住宅金融支援機構が定めた技術基準に適合していることなどが規定されています。
フラット35審査落ちた理由は?【年収・勤続年数基準厳しい?】