年会費無料のETCカードを作るには?おすすめカード会社

高速道路などを走行するときに割引があったり一般レーンと比べて料金所で止まらずに通過できお得なETCカードですが高速道路を走行しない時のカード管理を皆さんはどうしていますか?インターネットで調べてみたところ多くの人が同じ疑問を持っているようです。

入れっぱなしの人の意見を見ると「高速にのってから挿し忘れるのがいやだ」、「もし盗難されても利用停止にしたらいいから気にしない」といった意見がありました。

ただ挿しっぱなしの方の中には別のカードにしようと思ったら挿入時に認識エラーがよく起こるようになってしまったという方や車検時に預けた時に挿したままだったといううっかりも報告されていました。

できればこまめに抜き差しするクセを習慣づけしましょう。

知っている前提で話が進んでいて何となくでしかわかっていないルールってありませんか?例えばETCの正しい使い方・注意点はどうでしょうか。

NEXCOのHPで正しい使い方の案内が載っていたので簡単にまとめてみました。

まず、ETCカードにはクレジットカード同様に有効期限があるので車に乗る前に確認しましょう。

乗車後に車載器にカードを挿入することになりますが正しく挿入されて挿れば「カードを認識しました」と音声が流れます。

ETCレーンに入る際の注意点は信号が赤になっていないかの確認とレーン内では時速20km以下の速度で通行してください。

もしカードエラーなど何らかの理由で出口の開閉バーが開かないというアクシデントが発生した時は決して車をバックさせず、レーン備え付けのインターフォンで係員の指示に従うようにしましょう。

高速道路の料金所で止まらずにスムーズに通行できることや料金割引が適用されるなど便利でお得なETCカードですが利用している割合はどうなっているのでしょうか。

NEXCO東日本のHPに載っている利用率調査によると平成30年3月に高速道路を走行した中の約90%の車で使われていたそうです。

ほとんどの方がETCを活用しているということです。

料金割引も例えば東京湾アクアラインでは普通車のETC料金が800円ですが一般レーンで現金支払いをすると約3000円と大きく違います。

こんなに差額があるとETCを使っていない人も使いたくなりますよね。

気になるカードの作り方ですがすでにクレジットカードをお持ちの方はweb上で追加発行、持っていない方は新規でクレカ申し込みする際に同時に申し込みができます。

トラブルが発生するタイミングが悪い方っていますよね。

というのもこの前高速を利用しようと思ったら用事を済ませ家に帰ってから改めて探しても見つからず自宅に帰ってから改めて探しても見つからずどうやら失くしてしまったようです。

こんな時にどうしたらいいのか慣れていないので焦ってしまいました。

まず最初にカード会社に紛失の連絡をしようと思い、紛失盗難デスクに電話をしたところスムーズに再発行の手続きを行ってもらえました。

再発行手数料はかかってしまいますが連絡をしてから1から2週間程度で新しいカードが届きました。

このように急なトラブルに見舞われても焦らず行動をしましょう。

車で遠くに出かけるときに便利なETCカードですが、発行している会社が多くてどのカードを選べばいいか迷ってしまいます。

カード会社ごとにどんな違いがあるのでしょうか。

多くの人が確認するのが年会費や更新費用の部分でしょう。

年会費については大体3タイプに分かれており、1年間の利用していなくても年会費無料のタイプ、年間の利用額など条件付きで年会費無料になるタイプ利用額や頻度に関係なく年会費が発生するタイプに分かれています。

発行日が有料の場合、更新費も有料のカードが多い代わりに発行費が有料だった場合、多くの場合更新費も有料になっていることが多いです。

1、2年ほど前からキャンピングカーをレンタルしての旅行が流行っているそうです。

旅行をするということは高速道路を利用しますよね?その際に多くの方が年会費無料のETCカードを利用すると思いますがレンタカーでのETC利用は車載器がついていれば利用できますが旅行後にETC利用照会サービスで履歴を見るには事前準備が必要になります。

利用照会サービスではカード利用者本人かの確認のため事前登録として「ETCカード番号」、「ETC無線通行した利用年月日」などいくつか情報が必要になります。

レンタカー利用時の車載器管理番号は各レンタカー会社への確認してください。

各レンタカー会社に確認しないとわからない項目もあるので注意してください。

1度登録したカードについてはその後も他の車で利用するときに登録は不要です。

皆さんは普段、高速道路を利用する時に年会費無料のETCカードを使っていますか?もし現時点で使ったことがないならとてももったいないです。

どうしてかというとETC利用で高速道路の料金割引が受けられるからです。

例えば、NEXCOが管理している地方部の高速利用料が30%オフになるんです。

他にも平日朝夕割引や深夜割引といった割引も行っているようです。

また、割引が適用されない区間でもほとんどの人が経験したことがあると思う料金所渋滞を気にすることなく通過できます。

ここまで読んで損してたなぁ、カード作らなきゃと思った方はお持ちのクレジットカード会社に追加で発行してもらうかサブとして新規でクレジットカードと一緒に申し込みしましょう。

最近ETCカードが欲しいと思って調べていたところあまり知られていない豆知識を見つけました。

それは、車載器がなくてもETCカードで高速道路の利用は可能ということです。

車載器がない場合はETC専用レーンには入らず一般レーンを使い料金所スタッフにカードを手渡せば読み取ってくれるので通行可能になります。

料金所スタッフに手渡しで利用する場合、ETCが作られた理由としてのETCが作られた理由が手渡しでは無意味になってしまいます。

そのため通常の利用額に応じたポイントはついてもマイレージサービスのポイントは付かないことや夜間割引などのETC割引が適用されないなどのデメリットがあります。

なので皆さんも車載器がついている場合はぜひETCで通行しましょう。

高速道路を利用するときに便利なETC走行ですが様々なカードがあって選びにくいですよね。

ここでは2種類のおすすめのカードを紹介します。

発行手数料、年会費どちらも無料となっているのがライフカードです。

ライフカードでは誕生月のポイント還元率が通常の3倍になったり、対応している国際ブランドがVISA、JCB、MasterCardから好きなものを選択できるのが人気です。

2つ目に紹介するのは知らない人はいないくらいの知名度の楽天カードです。

クレジットカードは年会費無料ですがETCカードの年会費は540円かかります。

年会費が発生するのが気になるという方もいると思いますが楽天カードは基本的にポイント還元率がよくエネオスなどでガソリン給油時にもポイント還元があります。

高速道路の料金所でみなさんはどのような支払い方法を利用しますか?社用車でETC車載器を搭載していなかった場合など一般レーンを使う方もまだいますが約9割の方はETCカードを使っての無線通行をするという結果が出ています。

では、ETC利用でどんなメリットがあるのか少し調べてみました。

最も大きなメリットとして、料金所の時間短縮です。

係員とやりとりする時間がなくなり渋滞が起きにくくなります。

もう一つの大きなメリットは料金割引が使えることです。

特に割引前と後で差額が大きいことで有名な東京湾アクアラインを例にすると割引前は現金・クレカ支払いの普通車料金が約3000円のところ、割引適用でETCレーンでは800円と半額以下になります。

自動車免許を取って友達と車で遠出をする際に首都高をはじめとした高速道路を利用すると思います。

そんなときにあると非常に便利なのがETCカードです。

たまに料金所の一般レーンで渋滞が起きているのを見ますよね。

ETCレーンが利用できれば無線通行なので料金所をスムーズに通過できます。

ETCカードを作るにはクレカを作る必要があり、クレカをすでに持っている場合は追加申し込みをすると発行されますが新しくクレカを作るときには入会審査が必要になります。

また、各カード会社ごとに特徴や年会費の有無など違いがあるので自分にあったカードを探してみてください。

高速道路の料金を自動で引き落としてくれるETC無線通行ですがネット上でこんな質問を見つけました。

「ETCカードで給油はできますか?」という質問です。

答えとしては、基本的にはできません。

基本的にと書いた理由としては、クレジットカード機能付きの一体型ETCカードの場合は給油できるからです。

では、どこのカードがクレカ機能も付いているのでしょう。

ガソリンスタンドで申し込めるカードに一体型カードが多いようです。

クレジットカード一体型は一枚で買い物やETC利用が完結するので管理が楽ですが高速道路を走っている途中でSAなどでクレカ決済をしようとすると一度車載器から抜いてからではないと決済できないという少し面倒な面もあります。

ガソリンスタンドでは現金やクレジットカード払いなどの支払い方法が選べます。

最近ETCカードについて調べていたところカードによってはガソリン給油時に最大8円/L値引きやクレジットカードで支払いをした時のポイント付与が倍になるなどの様々な特典がつくカードもあるようです。

例えば、楽天カードの場合、ENEOSで給油やメンテナンス時にポイント還元率が2倍になり貯まったポイントで支払いもできるそうなので仕事や通勤などでよく車を利用される方や高速道路を使う方は給油時・スタンド利用時の特典がついたカードの利用がお得です。

このようにどんな特典があるかカードごとに違うので申し込む際はいろいろ調べてみてください。

皆さんは毎月のクレジットカードの利用額はどのようにして管理していますか?特にカードを複数枚お持ちの方は管理が大変ですよね。

個人事業主でプライベート用や仕事用でカードを分けている場合、確定申告時に利用履歴や明細を集める必要があります。

これはETCカードでも同様のことが言えます。

クレジットカードでは各カード会社のwebサイトで照会をする必要が出てきますがETCの場合は「ETC利用照会サービス」というサイトでまとめて過去の利用証明書・利用明細の確認ができます。

レンタカーで利用した明細が必要ならばレンタカー会社へ事前に確認をしなければ照会ができなくなってしまうので気をつけましょう。

高速道路の料金所で止まらずに通過できて便利なETCカードですが少し疑問に思ったことがあります。

それはバイク用のETCもあるのかということです。

答えを先に言うとバイク用のETC車載機もあります。

調べてみたところ、ハンドル周りに機会を設置することになる「一体式」とカードリーダー部分とアンテナ部分を別々に設置できる「別体式」の2種類があるようです。

一体式のメリットとしては、配線が1箇所で済むことや取り付けが比較的楽な面がありますが、ETC通信の誤作動防止のためにハンドル周りに設置することになり操作性が下がったり、盗難されやすいなどのデメリットもあります。

別体式では見た目が小さくなり、シート下にしまえるため防犯性が高い反面、一体式車載器に比べ価格が高いことや配線が多くなるデメリットがあります。

引用:http://www.letteringguru.com/ETC%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89%E5%B9%B4%E4%BC%9A%E8%B2%BB%E7%84%A1%E6%96%99%E3%81%8A%E3%81%99%E3%81%99%E3%82%81/