飛行機に乗る時の『搭乗口での待機』とはどんなこと?

今回は、「搭乗口での待機」について挙げています。
参考にしてください。
飛行機に乗ろうとした時、どうやって乗って良いのか乗り方が分からないと言う人が多いようです。
そこで飛行機の乗り方の中でも「搭乗口での待機」について挙げてみます。
(笑顔)保安検査と海外ならば出国審査が終了すれば、あとは飛行機に乗り込むのを待つだけになります。
※乗る飛行機に指定された搭乗口があります。
その前で搭乗開始のアナウンスがかかるまで座って待つようにしてください。
<空港が大きい場合>飛行機の搭乗口までバスで移動することがあります。
こうなると搭乗時間が早まると思います。
(汗)もし待機中に食事や買い物をしていて搭乗時間に間に合わなかった時がありますよね。
この場合は、アナウンスされる事もあります。
しかし、キャンセル扱いになる可能性もあるので気をつけましょうね。
<飛行機の搭乗時間について>しかし、飛行機は電車とかバスと違い出発時刻までに飛行機に乗り込めば良いと言う訳にはいきません。
飛行機に全員が乗り込みます。
客室乗務員が確認作業を行います。
アズケタ荷物を全部貨物室に積み込みます。
それを出発時刻までに終了させなくてはならないと言うことです。
ですから、出発時刻の何十分か前には搭乗が終了すると言う事を頭に入れておいてくださいね。