住宅ローン借り換えを申し込む銀行の選び方は?

住宅ローン借り換えを申請したい方は返済方法としてボーナス払いを選択する前に注意が必要です。

思いがけずお金が手に入った時にまとめて返せたら、月ごとの返済金額が少なくなるという利点もあります。

但し最近の会社は確実に賞与が与えられるという保証もなく、景気によって金額が変わることも有り得ます。

なので始めからボーナスも返済に入れている人の割合は、案外少なくトータルで見ても半分以下の方しかいないのです。

色々なケースを考えてまとめて返済する事も可能にしたい方は、銀行によって可能な任意返済も視野に入れてみましょう。

新築を建てるには予算がないけれども、何とかしたいそんな方にお勧めなのが中古物件の住宅ローンを組む際に気になるのが金利です。

ローンの申し込みは出来ますが家を購入する際は不動産屋を通す方がほどんどだと思いますのでその会社で協力している銀行などに申し込みをしても良いでしょう。

返済に関しては人によって違ってきますが最長で35年の借入が可能です。

ですが、この35年という期間は年齢によって不可能になる場合もあります。

おおかた、40歳オーバーの申請からなかなか通りづらい。

という傾向が強いようです。

数年後に、ローンを組んで家族と住むための家を購入したい方は借りたお金を何年で返し、完済したいのか話し合いましょう。

原則として、決められた期間で申し込むのですが現に、25年や35年かかる方は半分程度だそうです。

多くの方が、10年以内に返済することを目標としています。

ボーナスなどのまとまったお金を返済に充てるのであれば、まとめて返済できるプランを選ぶと良いですね。

今後引かれるお金や必要になってくる経費も合わせて検討し、長く続けられるように計画を見直しましょう。

実際に利用している方の声も参考になるので、見てみましょう。

数年以内に、大きな買い物ともいえる住宅ローンを返済していく方は、贈与税について少し勉強しておくと良いでしょう。

この仕組みは、相続する金額によって税金がかかるもので例えば年間110万円を超えたお金を貰った場合、その内の一割を税金として支払うものです。

この金額を超えなければ、税金を支払わなくて良いのです。

思いもしないところから援助を受けることもあるので、滞りなく返済を済ませるためにいくつかケースを考えましょう。

今後必要になってくる税金や手数料も確認しておくと良いですね。

自分だけの家が欲しい!と思ったときに住宅ローンが力になってくれるでしょう。

銀行や信用金庫からローンです。

但し、注意点があるので気をつけましょう。

一番は、借りたお金を返す期間が短い点にあります。

全く新しいものではないので、安全面が考慮されることになり物件を扱う会社も早めの返済を求めてくるのです。

安さだけで選んでしまうと、後々問題が出てくることもありますし逆に毎月の負担が大きくなってしまう事もあります。

物件によってはリフォームを必要とする場合もあるので全部で、どれ位の費用がかかるのか計算しておきましょう。

です。

但し、注意点があるので気をつけましょう。

一番は、借りたお金を返す期間が短い点にあります。

全く新しいものではないので、安全面が考慮されることになり物件を扱う会社も早めの返済を求めてくるのです。

安さだけで選んでしまうと、後々問題が出てくることもありますし逆に毎月の負担が大きくなってしまう事もあります。

物件によってはリフォームを必要とする場合もあるので全部で、どれ位の費用がかかるのか計算しておきましょう。

参考:住宅ローン借り換え注意することは?失敗しないコツ!【損しない方法?】

ここ数年、ネット銀行などでは非常に低い住宅ローン金利を設定している場合があり、住宅ローン借り換えを考える人も多いのではないでしょうか。

その際、親子でローンを組んでいるなど連帯債務の場合は相続税に注意が必要です。

どういった場合に問題が起きるかというと借り換え前のローンを組んだ時に夫婦共有持分としていたのが実際は夫が全額返済しているため借り換え時に単独名義になる問題が出てきます。

こういった夫婦などでの連帯債務の借り換えには金利以外に贈与税などが発生する可能性があるため、税理士や金融機関に相談してください。

相談した結果、不動産登記などの借り換え費用と税負担やかかる諸費用を比べて借り換えをしないほうがいい場合もあります。

夢のマイホームを購入する際には多くの人が住宅ローンを組みます。

でも、毎月の返済が多くて困っている方もいるのではないでしょうか。

そんな時に検討するのが住宅ローン借り換えです。

ただ、借り換えメリットを享受するためには当然、今借りているローンよりも金利が低くなる必要があります。

その際の判断基準となるメリットの計算方法に関しては各銀行でシミュレーションを用意しているのでどこがお得になるか参考にしてください。

ただ、その際の注意点として、シミュレーションを使って30万円くらい利息が減ったから借り換えようと思うと登記などの経費計算を忘れていてそんなに得にならなかったということもあります。

1度組んだ住宅ローンを別のローンにする住宅ローン借り換えですが1度組めたから借り換え審査も通ると楽観的な人もいるようです。

しかし、借り換えの審査で落ちることもあるんです。

職場や年収に変更がなければほぼ審査に通りますがほぼ審査に通ると考えてもいいようですが転職した、年収が下がったという場合は要注意です。

年収や職場が変わっていなくても最初のローン審査時よりもカードローンや教育ローンなどローンの数が増えている、他にはカードローンや自動車ローンなど別のローンを複数抱えている場合も以前よりも年収に対してローン返済額が増えているので審査で引っかかる可能性があります。

行うとほとんどの人が得すると言われる住宅ローン借り換えですが借り換え申し込みはいつから可能なのでしょうか。

最短はわからず半年からできる場合もあるようですが、フラット35の借り換えを利用する際の条件を例にすると、申込日前日までの1年間返済を問題なく進めている方という項目があり、他の銀行もほとんど同じ審査基準と考えたほうが良いです。

また、住宅ローンの借り換えには登記などの手数料が必要になったり新規の借入と違い担保となる住宅が中古物件になることから審査が通りにくくなります。

新規の借入時よりも今の金利が下がっていればメリットはありますが、最低でも1年以上返済をした後に検討しましょう。

住宅ローンを組んだ際に固定金利のフラット35を利用した方の多くは金利固定だから完済まで放置してもいいという認識を持っているようです。

実は借り換え融資プランができたので住宅ローン借り換えをフラット35からフラット35へ行うことができ、お得になるんです。

基本的には金利差が0.3%あればメリットを受けられます。

よく借り換えで説明されているのが固定金利から低金利な変動金利に換えるケースですが変動金利の方が1%から2%低く設定されていることが多いので一見お得に感じますが、借り換えメリットと同時に金利上昇リスクも出てきます。

しかし固定金利から固定金利の場合では、金利変動リスクはありません。

住宅ローン借り換えに関して調べものをしていると気になる事実を見つけました。

それは、現在住んでいない住宅の場合は住宅ローンの借り換えができないということです。

どういった場合にそういったケースになるかというと転勤することになって賃貸料と二重になってキツイので、金利の低いローンに変更して支払額を抑えようと思ったときです。

なぜ出来ないかというと、住宅ローンは自身が住むための住宅取得資金を対象にしているからです。

そのため、他の金融機関を探しても現在のローンよりも良い条件のローンは見つからない・組めないと思います。

他にも離婚が原因で別居する際など借り換えができません。

皆さんは住宅ローンを組んだ際に頭金を支払いましたか?中には、頭金を用意しなかった人もいるかもしれませんが頭金を支払わないと毎月の返済額が高くなります。

中には、毎月の返済額を減らそうと住宅ローン借り換えを検討する方もいると思います。

「1度ローンを組めたから借り換え審査も大丈夫」と考えているようですが審査に落ちることもあります。

一例として、転職をして年収や職場が変わった場合や物件の担保評価額が下がってしまって予定していた金額で借入れできないことや住宅ローンの返済を滞納したことがある場合です。

年収や職場に変更がなくてもこういった面で引っかかることがあります。

住宅ローン借り換えを行う場合、様々な手続きが必要です。

例えば抵当権設定・抹消登記手続きなどです。

登記手続きなどの実務自体は司法書士にお願いする形になりますが司法書士を選択する権利が申込者側にあるので金融機関次第では自分で選ぶことも可能です。

借り換えを行う多くの方はお願いする司法書士の知り合いがいないのが普通だと思うので金融機関の指定する司法書士が行うことも多いです。

司法書士を選べるかどうかは金融機関ごとに変わるので確認してください。

他にもローンの申し込み段階で用意する書類も多いので借り換えメリットが少ないと思ったら行わないという決断もありです。

今のローンよりも金利の低いローンを組む住宅ローン借り換えですが、手続きに際して色々と必要なものが多いです。

その際、必要な書類は大きく分けて3種類に分類されます。

1つ目は現在の本人確認書類などの自宅で保管しているもの、2つ目は役所や勤務先で取得できる課税証明書などの書類、3つ目は不動産業者や法務局で取得できる書類になります。

勤務先で取得する書類に関しては比較的見慣れていると思いますが登記簿謄本や売買契約書などは普段見慣れないものです。

ここに挙げたのは主な分類なので実際に借りる金融機関によっては別の書類が必要になることもあるのでよく確認しましょう。

住宅ローンを選ぶ際に重要なことがあります。

例えば、繰り上げ返済が手軽で無料なことです。

その理由としては繰上げ返済を行えば行うほど元本や利息が少なくなっていきます。

結果として総支払額が低くなったり、支払期間が短くなります。

そのため、繰上げ返済手続きをネットで行えることや返済可能額が一円以上からなのか1万円以上からなのかを確認して選びましょう。

ひとつ気をつけたいのが、繰上げ返済のしすぎで家計が苦しくなったら本末転倒なので余裕を持って行うようにしましょう。

住宅ローン借り換えを行うときもこの部分をチェックしてください。